「ニューハーフとゲイの違いがわからない」などと感じていませんか。セクシャルマイノリティについての知識が普及していないため、両者の違いを正確に説明できる方は少ないでしょう。どちらも同じようなものと考えている方は注意が必要です。
両者には明確な違いがあります。

この記事では、ニューハーフとゲイ、さらにはオカマの概要を解説しています。
以下の情報を参考にすれば、これらの違いを理解できるはずです。

また、ニューハーフが活躍している店舗も紹介しています。
したがって、この記事を読めば、ニューハーフと一緒にお酒を飲める店舗もわかります。
ニューハーフとゲイの違いが気になる方は参考にしてください。

ニューハーフとは

ニューハーフは、主にビジネスシーンで用いられている呼び方です。
女性としてみられたい男性または元男性が、女装していることをアピールする目的で使用しています。

根底には女性としてみられたい思いがあるため、メイクや衣装などはナチュラルテイストが多いといえるでしょう。
性自認・性的指向は人により異なります。性自認が女性で性的指向が男性の方もいれば、性自認が男性で性的指向が女性の方(女装が趣味の男性)などもいます。

ちなみに、ニューハーフは、サザンオールスターズの桑田佳祐さんとショーパブ「Bettyのマヨネーズ」のママが作り出した造語です。

ニューハーフ・女装・男の娘の違いとは?

ゲイとは

ゲイは同性愛者のことです。
元来は女性同性愛者(レズビアン)を含みましたが、最近では男性同性愛者を指す言葉になっています。

男性同性愛者は、性自認・性的指向とも男性のセクシャリティを指します。
つまり、自らを男性と認識していて、恋愛対象も男性の方をゲイというのです。

ポイントは、身体の性(身体の構造)を考慮しないことです。
身体の性が女性であっても、性自認・性的指向が男性であればゲイに含まれます。

オカマとは

オカマに明確な定義はありません。
一般的には、男性同性愛者や趣味で女装している男性、しぐさなどが女性っぽい男性などを指します。

男性同性愛者が自虐的に用いるケースも少なくありません。
いずれにせよ、オカマは差別的な言葉と考えられています。

他人を傷つける恐れがあるため、基本的には使用しないほうがよいでしょう。

ニューハーフのお店

ここからは、ニューハーフが活躍しているお店を紹介します。

ニューハーフバー

女装をしている元男性・男性が接客してくれるバーです(女装バー)。
ニューハーフと会話を楽しみながらお酒を飲めます。

ニューハーフバーの魅力は、楽しくお酒を飲めることとセクシャルマイノリティとしてさまざまな経験を積んだ方に話を聞いてもらえることといえるでしょう。
ちなみに、ゲイバーは、男性同性愛者向けのバーです。
両者は、区別されるようになっています。

ショーパブ

飲食しながら、ダンスやマジック、モノマネショーなどを楽しめるパブです。
ニューハーフのダンサーなどが活躍しています。ニューハーフならではの、妖艶かつコミカルなダンスが魅力といえるでしょう。

また、ショーに出演するキャストと歓談できる点も見逃せません。
さまざまなショーを楽しめるショーパブは、手軽に非日常を体験できます。

ショーパブについてはこちらの記事でも詳しく紹介しております。

【おすすめ記事】ショーパブとは?種類や料金相場

ニューハーフのお店に出かけませんか?


いかがでしたでしょうか?
今回はニューハーフとゲイの違いについて解説しました。

ビジネスシーンでは、主にニューハーフが用いられています。
一緒にお酒を飲みたい方は、ニューハーフバーやショーパブに出かけてみるとよいでしょう。
素敵な時間を過ごせるはずです。

大阪メトロ「心斎橋駅」「なんば駅」から徒歩で5分の場所にある「なにわ劇場」では、ニューハーフダンサーによるK-POPや洋楽など、世代を問わず楽しめる音楽にあわせた本格的なダンスショーをご提供しております。
大阪ミナミへ訪れた際は、ぜひ「なにわ劇場」までお越しください。

大阪(心斎橋)ミナミで本格ニューハーフダンスショーが楽しめるショーパブなら「なにわ劇場」まで

おすすめの記事